インプラント

歯を失ってしまった方へ

歯を失ってしまった場合の治療法には大きく分けて3種類あります。

  • インプラント
  • ブリッジ
  • 入れ歯

それぞれに良い点と注意すべき点があります。また、お口の状態によってもできる治療とできない治療がありますので担当の歯科医と十分にご相談いただき、ご自身にあった治療法を選択いただけます。

『負の連鎖』 を防ぎます

万が一歯が抜けてしまったら、その時あなたはどうしますか?
歯が抜けてそのままにしておくと・・・、両隣の歯が失われた歯があった所に倒れ込んできます。
抜けた歯と噛み合っていた歯は伸び出してきます。

そうすると以下のようなことが起こってしまいます。

  • 噛み合わせがおかしくなる
  • 食べ物がつまりやすくなる
  • 他の歯にかかる負担が増える

なかでも3は問題です。歯がない部分では食べにくいため、反対側の歯ばかりを使うようになります。すると反対側の歯の負担が大きくなりすぎるため、やがて反対側の歯まで失う。また歯が無くなるためその他の歯の負担が増える・・・といった「負の連鎖」につながる可能性があるのです。

インプラントによる治療

インプラントはどうなんだろう?

インプラントは歯ぐきの下にある骨に、人工の歯(チタン製)を埋め込む治療方法です。歴史は古く臨床データも豊富にあり、歯科の安全な治療方法として一般的な治療となっています。
また、現在のインプラントは、材質、製造技術が数年前に比べ格段に進歩しているため、歯を失ってしまった場合の治療として、第一選択にする事が多くなっています。
骨が少ない場合にも人工の骨を使うことで、インプラントを選択できるようになりました。
インプラントを長く使用するためには、日々の口腔ケアが欠かせません。ご自身でのメンテナンスはもちろんのこと、1~2ヶ月に1度は歯科医院でメンテナンスして頂くことで、より快適に過ごしていただけます。
お口の状態によっては難しい場合もありますので、担当の歯科医とご相談ください。

インプラントはどんな治療?

インプラントは歯茎の下にある歯槽骨に穴を開け、骨の幅や量、深さに適したインプラント体を埋め込みます。埋め込んだインプラント体は、血液の作用により骨と固着されます。インプラント体の表面は顕微鏡で見ると非常に細かな溝がたくさんある構造になっています。
インプラント体が骨に固着されると「歯の根っこ」ができた状態になり、この上に歯の土台を取り付けます。歯の土台を取り付けた後型を取り、ぴったり合う人工の歯を取り付けて完成となります。

1.一次手術

あごの骨に専用の器具で穴を開け、インプラントを埋め込みます。インプラントと骨が結合するまで、歯茎を閉じて数ヶ月待ちます。

2.治癒期間

一次手術後、3~6ヶ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します(オッセオインテグレーション)。 この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。

3.二次手術

歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。 この状態で、歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。 二次手術を行わない1回法の手術法もあります。

4.人工の歯を作製

歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。 スクリューで固定します。この他、人工の歯をセメントにより固定する方法もあります。

インプラントの具体的な治療方法は?

インプラントの治療には5段階の行程があります。手術には麻酔を使いますので、痛み等は感じません。

1. 診断

レントゲン撮影などでインプラントができるかを診断します。

2. 1次オペ

歯茎の下の骨に穴を開けインプラントを埋める。歯茎を閉じてインプラントと骨が固定するのを待ちます。

3. 2次オペ

骨とインプラントが固定したら、歯の土台をインプラントに取り付けます。

4. 型取り

歯茎の状態が落ち着いたら型取りをします。

5. 歯の装着

型に合わせて作製された歯を接着剤、ネジを使って固定します。

インプラントの費用はどれくらいかかるの?

インプラントは使用するメーカーや人工の歯の材質によって差があります。
また、人工の骨が必要となる場合には別途費用がかかります。
費用は大きく分けて3つポイントがあります。

  • 骨の深さや厚さが十分かどうか?人工の骨が必要となるかどうか?
  • インプラントはどこのメーカを使用するか?
  • 人工の歯(かぶせ物)の材質は何にするか?

お口の状態に適したものを使用するのが一番重要ですので、お気軽に歯科医師にご相談ください。

ブリッジによる治療

ブリッジはどうなんだろう?

ブリッジは、失ってしまった歯の両隣にある2本の健康な歯を土台にして、橋の様に3本分のかぶせ物を取り付ける治療です。失ってしまった歯の場所、本数により土台の数や方法も変わってきます。
基本的には保険が適用される治療ですので、非常に一般的な治療と言えます。
比較的治療期間も短いですし、インプラントほどではありませんが、しっかり噛むこともできます。
しかし、本来の歯の数より少ない本数で同じ力を支えることになりますから、土台の歯には今まで以上の力が加わることになります。そのため土台となった歯の寿命は一般的に短くなるといえます。
しっかりとした、メンテナンスが必要です。

ブリッジはどんな治療?

失ってしまった歯の隣にある健康な歯を削り土台にして、土台と土台をつなぐように、かぶせものを取り付ける治療法です。
失ってしまった歯が1本の場合は、3本分のかぶせものになり、真ん中の1本は人工の歯になります。
失ってしまった歯の本数、場所により形が変わります。場所によっては保険の適用がない場合もあります。

ブリッジの具体的な治療方法は?

診断:歯、口の状態を診断します。
形成:土台になる歯を削って形を整え、土台を作ります。
印象:土台の型取りをします。
完成:出来上がったブリッジを取り付けて完成です。

ブリッジの費用はどれくらいかかるの?

失ってしまった歯が1本の場合、保険適用で約20,000円くらいとなります。
診断の段階で虫歯や神経の治療が必要になる場合には、治療費が別途かかります。
自費のブリッジの場合は材質等で変わりますので、担当の歯科医師にご確認ください。

入れ歯による治療

入れ歯はどうなんだろう?

入れ歯はレジンという材質(プラスチックに近い材質)または、金属の土台を歯茎の形に合わせて作り、人工の歯を取り付けたものです。
基本的に土台がレジンの入れ歯の場合は保険適用になり、土台が金属の入れ歯は自費となります。
歯を失ってしまった場合の治療としては、一般的な治療方法です。
入れ歯を固定するために金属のバネを使用したりします。
自費の入れ歯の場合は、インプラントを使用した入れ歯や、磁石を使ってバネが見えないようにする方法の入れ歯など、いろいろな方法があります。
どちらにしても、自分の歯とは違いますから、慣れるまでは多少の違和感があります。

入れ歯の具体的な治療方法は?

  • 診断:歯、口の状態を診断します。
  • 印象:土台になる歯茎の形や、残っている歯の状態の型を取ります。
  • 試適:出来上がった入れ歯が口に合うかどうかをチェックします。(必要ない場合もあります。)
  • 完成:口に取り付けて完成になります。

入れ歯の費用はどれくらいかかるの?

入れ歯の費用は口の中の状態によって、バネを付ける個数や入れ歯を支える装置が必要な場合があったり様々なので一概に言うことができません。 詳しくは担当の歯科医師にご相談ください。

インプラントと他の治療法の比較

失った歯を補う方法には、<インプラント>、固定式の<ブリッジ>、取り外し式の<入れ歯>の3つの種類があり、なかでもインプラントは、ブリッジや入れ歯の欠点を解決した『歯に優しい最良の治療方法』です。

歯が中間で1本抜けた場合(ブリッジ)

隣の健康な歯を削りブリッジにします。健康な歯まで削るのはいやですネ。

 

歯が中間で1本抜けた場合

インプラントは隣の健康な歯を削る事なく植立し、人工歯を取り付けます。 自分の歯と区別がつかないく らい治療の跡がわかりません。



歯が中間で2本抜けた場合(ブリッジ)

抜けた2本の歯の大きな噛む力を支えるため、数本の健康な歯を削りブリッジにします。 支える健康な歯 は大変ですネ。

 

歯が中間で2本抜けた場合

抜けた数だけインプラントを植立できます。インプラントは顎の骨にしっかり固定されているので強い力 で噛む事が出来ます。



奥歯が数本抜けた場合
(局部床義歯=部分入れ歯)

取り外しの入れ歯を作り、バーを左右に渡して固定します。 さらに留め金でも固定しますが、口の中にバーや止め金の異物 はいやですネ。

 

奥歯が数本抜けた場合

数本のインプラントを植立し、インプラント同士を連結します。入れ歯を固定するバーや留め金が不要となり、口の中もす っきりし、口臭も減ります。



歯が全部抜けた場合(全部床義歯=総入れ歯)

全部に床のついた入れ歯を装着します。 顎の骨が退縮すると入れ歯が不安定になりやすくなります。何とか動かないように なりませんかネ。

 

歯が全部抜けた場合

数本のインプラントを植立し、連結された維持装置に入れ歯を固定します。入れ歯が安定し、口の中で動いたり、笑ったと きに飛び出したりすることはありません。

無料相談承っております
お気軽にご相談下さい。

ご予約、各医院へのご連絡 お問い合わせはこちら